• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

昭和34年(1959)静岡県の三ヶ日町(現在の浜松市の一部)の石灰岩採石場で発見された化石人骨。すべて破片であるが、成人男性で身長150センチと推定される。発見当時、更新世後期のものと考えられたが、平成13年(2001)に放射性炭素年代測定法により、約9000年前の縄文時代の人骨であることが明らかになった。

[地学/地学の言葉]カテゴリの言葉