1. 仏語。前世・現世・来世、または過去世・現在世・未来世。過去・現在・未来の称。三界。三際 (さんさい) 。

  1. 本人・子・孫の3代。さんせい。

  1. 《親子の縁は一世、夫婦の縁は二世、主従の縁は三世というところから》主従の関係。