京都市東山区にある天台宗の寺、蓮華王院 (れんげおういん) 本堂の通称。長寛2年(1164)後白河法皇の勅願で平清盛が建立。のち焼失したが、文永3年(1266)に復原。中央に湛慶 (たんけい) 作の千手観音坐像、その左右に500体ずつ千手観音立像を安置する。内陣の柱間が33間あることからの名称で、通し矢でも有名。国宝。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉