• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「三十」は数多い意》禅宗で、師が修行者を警策で激しく打って、正しい道へ教え導くこと。また、そのような厳しい教導。痛棒。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉