• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三千世界の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

全宇宙、この世のすべて。仏教でいう世界観で、須弥山しゅみせんを中心に、周囲に四大洲があり、その周りに九山八海があり、われわれの住む小世界を形成し、この一つの世界を千合わせたものを小千世界、小千世界を千合わせて中千世界、さらに中千世界を千合わせて大千世界。この大千世界は千が三つ重なるので三千大世界、略して三千世界という。この三千世界が一仏の教化の及ぶ範囲とされた。俗に世間の意に用いられることもある。
用例
生死は人の疑うところ、霊魂は人の惑うところ、この疑惑を以もって三千世界に対する憶度おくたくに加うれば、<北村透谷・他界に対する観念>

三千世界の解説 - 学研 四字辞典熟語

この世のあらゆるものすべて。広漠とした世界のどこもかしこもすべて。広く世間一般をさす場合もある。
注記
仏教の世界観で、想像上の宇宙全体のこと。「三千大千世界さんぜんだいせんせかい」の略で、「三界さんがい」ともいう。世界の中央にそびえるという須弥山しゅみせんを中央に、四大洲、七山八海ななせんはちかいがあるのを我々の住む小世界とし、小世界一千で小千世界、小千世界一千で中千世界、中千世界一千で、大千世界となる。千が三つ重なるので、これを三千大千世界、略して三千世界という。これが、ひとりの仏が教化する世界とされた。

三千世界の解説 - 小学館 大辞泉