1. 三千年 (さんぜんねん) 。きわめて長い年月。

  1. 三千歳 (みちとせ) の桃」の略。

歌舞伎舞踊。清元。本名題「忍逢春雪解 (しのびあうはるのゆきどけ) 」。河竹黙阿弥作詞、2世清元梅吉(清元お葉とも)作曲。明治14年(1881)東京新富座上演の「天衣紛上野初花 (くもにまごううえののはつはな) 」の第6幕「大口寮座敷の場」に使われた狂言浄瑠璃。悪事がばれて高飛びしようとする片岡直次郎は、最後の別れをしようと、遊女三千歳のもとに忍んでくる。