• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

北川冬彦の処女詩集。大正14年(1925)、至上芸術社より自費出版。新散文詩。横光利一が高く評価したことでも知られる。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉