• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

新古今集所収の、「秋の夕暮れ」を結びとした3首の名歌。寂蓮 (じゃくれん) の「さびしさはその色としもなかりけり槙 (まき) 立つ山の秋の夕暮れ」、西行の「心なき身にもあはれは知られけりしぎ立つ沢の秋の夕暮れ」、定家の「見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋 (とまや) の秋の夕暮れ」。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉