• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 江戸時代、丁稚 (でっち) 小僧の通称。三太郎。

  1. 愚鈍な者をいう擬人名。三太郎。

  1. 犬が前足を上げ、後ろ足で立つ芸。ちんちん。

    1. 「犬に―させて遊ばるるこそ少しは憎し」〈浮・一代男・六〉

  1. 人に世辞を言ったりへつらったりすること。

    1. 「請出さうと言うたらば―もしさうな物が」〈浮・禁短気・一〉