道教で、人の体内にすんでいるという3匹の虫。庚申 (こうしん) にあたる夜、人の眠っているすきに体内から抜け出て、その人の罪悪を天帝に告げ知らせるという。三尸虫。→庚申待

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉