• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

高麗茶碗 (こうらいぢゃわん) の一。灰色の素地 (きじ) に細かい文様を縄状に型押しし、その部分に白土を象眼したのち透明な釉 (うわぐすり) をかけて焼いたもの。この文様を三島暦の仮名に見立てての名称で、暦手 (こよみで) ともいう。李朝前期を代表する焼き物で、種類も多い。三島。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉