• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

磯田光一による評論。昭和35年(1960)、第3回群像新人賞の最終候補作となり、同誌10月号に掲載された文壇デビュー作。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉