• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 陰陽道 (おんようどう) で、大将軍のいる方角に向かって、3年間は何事もしてはいけないとすること。大将軍は東西南北に3年ごとに居を移し、その方角をふさぐとされていた。

  1. 当分の間、開運や成功の見込みのないこと。