• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

占いや勝負で、一度や二度は当てにならないが、三度目は確実であるということ。転じて、物事は三度目には期待どおりの結果になるということ。三度目は定 (じょう) の目。