• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鳥取県中央部、東伯 (とうはく) 郡三朝 (みささ) 町にある山。標高900メートル。古くから霊山として信仰され、山全体が名勝・史跡になっている。北麓には約1300年前に役 (えん) の行者 (ぎょうじゃ) の開基になるといわれる天台宗三仏 (さんぶつ) 寺があり、断崖絶壁の窪みに建てられた奥の院投入 (なげいれ) 堂は国宝に指定されている。かつては「美徳山」とも書いた。

[地理/日本地名/中国]カテゴリの言葉