• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 非常に少ない戸数。小国のたとえ。

    1. 「楚は―の小国なれども」〈太平記・三七〉

  1. 感覚をつかさどる三つの戸口、すなわち目・耳・口のこと。

    1. 「―ヲヒソムル」〈日葡

出典:gooニュース