斗栱 (ときょう) の形式の一。柱から外方に斗 (ます) 組みが三段出ていて、三段目の斗で丸桁 (がぎょう) を支えるもの。金堂 (こんどう) や塔に用いられる。