• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 邦楽で、箏 (そう) 三味線尺八(または胡弓 (こきゅう) )の3種の楽器による合奏。また、それらの楽器。三曲合奏。

  1. 1の3種の楽器を一人で順次奏する芸尽くし。

  1. 邦楽で、格式の高い重要な三つの曲。楽琵琶 (がくびわ) では「流泉 (りゅうせん) 」「啄木 (たくぼく) 」「楊真操 (ようしんそう) 」、箏の組歌では「四季の曲」「扇の曲」「雲井の曲」、能の蘭曲 (らんぎょく) では「初瀬六代」「東国下」「西国下」など。

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉