三木露風の解説 - 小学館 大辞泉

[1889~1964]詩人。兵庫の生まれ。本名、操。相馬御風野口雨情らと早稲田詩社を結成。詩集「廃園」によって認められ、象徴派詩人として北原白秋とともに一時代を画した。他に「寂しき曙」「白き手の猟人」「幻の田園」など。

三木露風の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
兵庫県揖西郡龍野町(現・たつの市)
生年月日
1889年6月23日 かに座
没年月日
1964年12月29日(享年75歳)
別表記
三木操 みき・みさお