• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

京都市上京区を南北に走る道路の呼び名。鴨川河原町通りの間にあり、途中で東西2本に分かれる。全長約800メートル。江戸後期の儒学者頼山陽の書斎(山紫水明処)がある。

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉