• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 浄瑠璃の3番目の段。五段からなる1曲を通じて最も重要な部分とされる。

  1. 《番付の三段目に書かれることから》相撲で、幕下の次位、序二段の上位。

出典:gooニュース