• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三界流転の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

生あるものは三界に生死を繰り返して、迷い続けるということ。▽仏教語。「三界」は仏教の世界観で、衆生しゅじょうが生まれて、死に輪廻りんねする三つの領域、欲界よっかい色界しきかい無色界むしきかいのこと。「流転」は迷い続けること。生まれ変わり、死に変わって迷い続けること。
活用形
〈―スル〉

三界流転の解説 - 学研 四字熟語辞典

すべての生きとし生けるものは、生死を繰り返して、現世で迷い続けるという仏教のことば。この世で、輪廻転生りんねてんしょうし続けること。
注記
「三界」は、欲界よっかい・色界しきかい・無色界むしきかいの三つ。
用例
三界流転さんがいるてんのうち、離れ難きぞ恩愛の絆きずななる――といったような、子を持った親でなければわからない感情のために、お雪ちゃんが泣きました。〈中里介山・大菩薩峠 めいろの巻〉

三界流転の解説 - 小学館 大辞泉

仏語。3種の迷いの世界に生と死を繰り返すこと。三界輪廻 (りんね) 。

キーワード[迷い・迷う]の四字熟語