• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三界無安の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

この世は、苦労が多くて、少しも心が安まることがないということ。▽仏教語。「三界」は仏教の世界観で、衆生しゅじょうが生まれて、死に輪廻りんねする三つの領域、欲界よっかい色界しきかい無色界むしきかいのこと。「無安」は安穏さがない状態のこと。苦しみの多いこと。
出典
『法華経ほけきょう』譬喩品ひゆぼん

三界無安の解説 - 学研 四字熟語辞典

現世は苦しみや悩みばかりで、心が落ち着くことはないということ。生まれ変わりを繰り返しても、解脱げだつしない限り、煩悩ぼんのうから逃れることはできず、安寧あんねいもないということ。
注記
「三界」は、仏教のことばで、すべての衆生しゅじょうが輪廻転生りんねてんしょうする欲界よっかい・色界しきかい・無色界むしきかいの三つ。
出典
『法華経ほけきょう』譬喩ひゆ

三界無安の解説 - 小学館 大辞泉

《「法華経」譬喩品 (ひゆぼん) の「三界安きこと無し、猶 (なお) 火宅の如 (ごと) し」から》現世は苦痛に満ちていて、少しも安心ができないということ。

キーワード[苦悩]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。