• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

冠付 (かむりづ) けの一。俳諧の選者が冠の5文字を3題出し、それぞれに七・五を付けさせ、3句一組みにして高点を競うもの。江戸時代、宝永(1704~1711)ごろから行われた。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉