奈良市の市街地の東にある春日 (かすが) 大社後方の山。若草山の南にあり、春日山の西峰をなす。標高282メートル。若草山をさしていうことも多い。みかさのやま。[歌枕]
《天皇の御 (み) かさとしてそば近くで警衛にあたる意をかけて》近衛 (このえ) の大将・中将・少将の異称。みかさのやま。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉

出典:青空文庫