沖縄県および奄美 (あまみ) 群島で用いる弦楽器。三味線を小ぶりにした形で、両面に蛇皮を張った木製の胴に棹 (さお) をつける。ふつう3本の絹糸の弦をわたし、角 (つの) 製の爪形の義甲を人差し指にはめて弾く。14世紀末に中国の三弦が伝わったものといわれ、のち日本本土に渡って三味線の母胎となった。蛇皮線 (じゃびせん) 。

[美術・音楽/楽器]カテゴリの言葉

出典:gooニュース