• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三草二木の解説 - 小学館 大辞泉

法華七喩の一。「法華経」薬草喩品に説くたとえで、薬草に大中小、木に大小の不同はあるが、雨の恵みを等しく受けて育って薬用となるように、人に能力・素質の違いはあっても仏の教化を受けることで悟りに入り、世を救う者となることをいう。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[四字熟語]カテゴリの言葉

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。