《「さんたい」とも》仏語。天台宗で、実相の真理を明かすものとして考えられた空・仮 (け) ・中の三つの真理。すべての存在は空無なものであるとする空諦、すべての事象は因縁によって存在する仮のものとする仮諦 (けたい) 、すべての存在は空でも有でもなく言葉や思慮の対象を超えたものであるとする中諦。空仮中。