• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古事記にみえる、三輪山にまつわる神婚説話。活玉依毘売 (いくたまよりびめ) のもとに夜ごと男が訪ねて姫は身ごもる。男の素性を怪しんだ両親は、姫に糸を通した針を男の衣の裾に刺させ、翌朝その糸をたどると三輪山の神社まで続いていて、男の正体が神であったと知るもの。