• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

奈良県の大神 (おおみわ) 神社を中心に成立した神道の一派。鎌倉末期、三輪上人慶円が創唱したといわれ、室町時代に発達。両部神道思想から「日本書紀」神代巻を解釈し、天照大神・三輪大明神の同体説を唱え、民間にも広く普及した。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉