• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三釁三浴の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

何度もからだに香を塗ってよい香りをつけ、何度もからだを洗い清めること。人を待つときなど相手を大切に思う情をいう。▽「三」は何度もの意。「釁」は香料をからだに塗ること。「浴」は湯水でからだを洗うこと。湯浴み。
出典
『国語こくご』斉語せいご
句例
三釁三浴して待つ
類語
三薫三沐さんくんさんもく 三浴三薫さんよくさんくん
活用形
〈―スル〉

三釁三浴の解説 - 学研 四字辞典熟語

からだを清めて、大切な相手を待つこと。何度も入浴し、何度もからだに香を塗って、人を待つという意。
注記
「三」は、幾度となく。「釁」は、香をからだに塗ること。
出典
『国語こくご』斉せい

[社会との関わりを表す/真心・誠意・忠誠]カテゴリの四字熟語

キーワード[宗教・神仏]の四字熟語

キーワード[待つ]の四字熟語