• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名](スル)
  1. 禅宗で、住持または導師が法堂 (はっとう) に上がって説法をすること。

  1. 禅宗で、食事のために僧堂に上がること。

  1. 禅寺座敷の上段の間。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉