[名]
  1. 位置・方向が上のほう。うえ。特に、風上・川上などをいう。かみて。「風の上手にまわる」⇔下手 (しもて) 

  1. 相撲で、四つに組んで相手の差し手の上から相手のまわしを取ること。また、その手。「上手を引く」⇔下手 (したて) 

  1. 囲碁・将棋で、対局者のうち段位・力量のすぐれたほう。⇔下手 (したて) 

  1. 犬追物 (いぬおうもの) で、自分の馬の前に立つ射手。

  1. 石帯 (せきたい) の左の一端についている革帯。

[名・形動]
  1. 技能・学問・知識などが他よりすぐれていること。また、その人。「役者が一枚上手だ」「相手の上手を行く」

  1. 人を脅かすような態度をとること。また、そのさま。高飛車 (たかびしゃ) 。⇔下手 (したて) 

    1. 「この―な物言いが変に私を圧迫した」〈志賀暗夜行路

出典:青空文庫

出典:gooニュース