• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

能のシテ方の五流のうち、観世 (かんぜ) 流・宝生 (ほうしょう) 流をいう。発生当時、下掛 (しもが) かりの奈良に対して京都に本拠を置いたからというが、定説がない。京掛かり。→下掛 (しもが) かり

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉