• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

上求菩提の解説 - 学研 四字辞典熟語

菩薩ぼさつが、さらに高みを求め、悟りの境地へと向かうこと。仏教のことばで、菩薩のとるべき道とされる。
注記
「上求」は、さらに上の境地を求めること。「菩提」は、煩悩ぼんのうを捨てた智恵ちえと悟りの境地のこと。仏教では、これを自利じりの行ぎょうとし、利他りたの行である「下化衆生げけしゅじょう」とあわせて、菩薩のとるべき道とする。
出典
『摩訶止観まかしかん』一

キーワード[悟り]の四字熟語