• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

上差 (うわざし) に使う、鏑矢 (かぶらや) 

「―を抜き、願書にとり具して、大菩薩の御宝殿にこそ納めけれ」〈平家・七〉