• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

陶磁器の表面に絵や文様を描くのに用いる顔料。無色の鉛釉 (えんゆう) を溶媒とし、ベンガラ・酸化コバルト・酸化マンガンなど金属酸化物を加えたもの。焼成すると融 (と) けて茶褐色・青・紫などの色になる。上絵釉 (うわえぐすり) 。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉