1. 布地の白く染め抜いたところに別の色で絵や文様を描くこと。また、その絵。

  1. 素焼きに釉 (うわぐすり) をかけて焼いた上に、さらに色釉 (いろぐすり) を用いて描き上げた絵。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉