《古くは「かみへ」》かみの方。川の上流。⇔下辺 (しもべ) 

「―には千鳥しば鳴き下辺にはかはづ妻呼ぶ」〈・九二〇〉

出典:青空文庫