• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

法律で定められた金利の上限。

[補説]平成18年(2006)に貸金業法等が改正され、平成22年6月に完全施行される以前、貸金業者は出資法の旧上限金利(年29.2パーセント)と利息制限法の上限金利(年15~20パーセント)の間のいわゆるグレーゾーン金利で貸し付けを行い、問題視されていた。施行後は、出資法の上限金利は20パーセントに引き下げられ、利息制限法との上限金利の差は解消された。