• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「上陽」は唐代、洛陽の宮城内にあった宮殿の名》上陽宮にいた宮女。楊貴妃玄宗皇帝の寵愛 (ちょうあい) を一身に集めたため、他の宮女が不遇な一生を送ったところから、女性、特に宮女の不遇をたとえる語として用いられる。