• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

陰暦で、月の下旬の夜の闇。くだりやみ。

「ともしする火串 (ほぐし) の松も燃えつきて帰るに迷ふ―かな」〈千載・夏〉