• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 川を下っていく船。

  1. 江戸時代、上方 (かみがた) から地方へ行く船。

    1. 「―の船頭宿願して、順風をこふ」〈咄・醒睡笑・六〉

  1. 伏見から大坂へ下る乗り合いの三十石船

    1. 「伏見の京橋に至りけるに、…―の人を集むる船頭の声々やかましく」〈滑・膝栗毛・六〉