• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 宮仕えする者が、さがってくつろいでいるときの服装。平安時代では直衣 (のうし) 、鎌倉時代では狩衣 (かりぎぬ) 直垂 (ひたたれ) 着用の姿。褻 (け) の姿。

  1. 公家武家上下 (かみしも) をつけた姿。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉