• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉初期の歌学書。1巻。藤原定家著とされる。成立年代未詳。仮名で草子や歌を書くときの法式を記し、定家仮名遣いについて述べたもの。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉