[名](スル)
  1. 貴人に対して行う礼。座をおりて平伏すること。

    1. 「門番が忽ち本門の側に―した」〈鴎外渋江抽斎

  1. しもての座席。しもざ。⇔上座

  1. 歌舞伎劇場で、囃子 (はやし) 方のいる席。また、囃子方。古くは舞台上手の奥にあったが、近世末期から下手に移った。外座 (げざ) 。

  1. 法臘 (ほうろう) で、出家してから夏行 (げぎょう) を9回するまでの僧侶の称。

  1. 僧侶が説教などを終えて、高座から下りること。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫