1. 心の奥深く思っていること。心底。本心。

  1. 心に隠しているたくらみごと。「親切にしてくれるのは下心があってのことだ」

  1. 漢字の脚の一。「忝」「恭」、「感」「悲」などの「」「心」の称。「忄(りっしんべん)」とともに「心」の部に属する。

  1. 格言などの裏に隠された意味。寓意。

    1. 「誠に―がおもしろう御ざる」〈虎寛狂・今参

出典:青空文庫

出典:gooニュース