[名・形動]

  1. 視線を下に向けること。また、その目つき。「―で見る」「―を使う」⇔上目 (うわめ) 

  1. 劣っていること。また、そのさま。「―にかける」

    1. 「己より―なる者には交らはず」〈仮・浮世物語・三〉

出典:青空文庫