• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

愚かな者は、必要なときは知恵も出ないで、事が過ぎたあとに名案が浮かぶこと。