[名・形動]《「不器量」の場合は「ふきりょう」とも》
  1. 顔かたちが醜いこと。また、そのさま。「―な生まれつき」

  1. 才知・能力がないこと。また、そのさま。

    1. 「愚かなる者は謹慎篤実なれば、―なるやうに思ひ」〈十善法語・六〉

[派生]ぶきりょうさ[名]

出典:青空文庫